子供の才能を伸ばす幼児教育に必要な事

>

習い事やスポーツ

幼児の習い事の注意点

幼児教育に関する習い事はたくさんありますが、子供に良い習い事と言う判断は非常に難しいです。
もしも子供がある程度大きければ、「あの先生はわかりやすい」「もっとこういう習い事をしたい」「絵よりもサッカーをしたい」など、詳しく感想も聞けます。
しかし、3歳前後では大人が判断するしかありませんし、テストのように判断する指標も出しにくく、今現在よりも今後の成長を促すことを目的とするのであれば、すぐに結果を求めることも難しいです。

選ぶ際の1つのポイントですが、幼児教室の先生がどういう人なのかを見ることです。
教室の先生の中には専門知識がない人もいますし、子供が有名な学校に合格したということだけで先生になっている人もいます。

そのため、その先生が信頼できる先生かどうかという見極めをしてみましょう。

子供の好奇心を伸ばす教室

難関有名学校に合格した保護者の中には、小さいころから学習塾に通わしたと言う方もいますが、興味を持ったものをとことんやらしたということを言う保護者も多いです。
例えば、昆虫に興味を持っていたので自然教室に参加させた、電車が好きだったので電車に関するイベントや展示によく行ったなどです。

親としてはピアノをしてほしい、サッカーをしてほしいという思いは少なからずあるかと思いますが、押し付けではなく、子供が興味を示すものに関する教室や習い事を勧めてみるとよいのではないでしょうか。

または、子供自身が何が好きかというのもそれまでの経験で変わるので、何が好きかを判断する材料として一緒に経験していくことも大切です。


Share