幼児教育で才能を最大限に伸ばそう!

子供の才能を伸ばす幼児教育に必要な事

何故幼児教育が大切と言われるのか?

教育というと言葉が話せる、字が書けるといったことを目指すこともあります。 これらの事はもちろん大切なことですが、幼児教育でなくても小学生以降の教育で重点的にはじめても遅くはありません。 幼児教育では自分の考えを伝える力、相手の意図を理解できる力、考える力を養うことが重要とされています。

好奇心を刺激する

「なんで」「どうなっているんだろう」「もっと知りたい」といった好奇心は中学1年までに育つと言われています。 このような好奇心は自身から自発的に世界を広げることに繋がります。 幼少期ではどのように子供と接して、この好奇心を育てていけばいいのか、一緒に見てみましょう。

習い事やスポーツ

家庭での幼児教育についてご紹介してきましたが、家庭ですべてというのは親として不安があるかと思います。 こういう時に活用したいのが習い事やスポーツです。 英語教室だけでなく、幼児向けの音楽教室や体操教室など、種類も豊富にあります。 選ぶときは何に注意すればいいのか見てみましょう。

コミュニケーションと考える力

教育は小学校が始まると思われがちですが、小学校以前の、幼児教育の重要性についてもはっきりとしてきています。
小学校以降では、算数や国語、社会など、科目がはっきりしていて、定期的にテストをすることで、どれだけ学習できたかを点数にして確認することができます。
一方、幼児教育では、小学校や幼稚園の受験対策の塾は別ですが、科目がはっきりと決まっているわけでもなく、テストをして点数にして現時点での習得度を表すことも難しいです。

幼児期は基本的な生活習慣が自立をする頃でもあり、人格の基盤が形成される時期でもあります。
将来の成長基盤なので、今どうこうと何かができるようになるというものではなく、小学校、中学校になった時の人格や学習意欲に影響してきます。
そのため、将来の成長のために、知的教育に偏ることなく、好ましい経験を与え、教材や環境を揃えるべきとされています。

共働きの家庭が増えていることもあり保育園や保育も可能な幼稚園の利用も増えていて、教育はそういった公に任すものと捉える方もいますが、実は幼児教育において一番重要なのは家庭と言われています。

家族以外の同世代の子供たちや親以外の大人との接触ももちろん大事なことですし、社会性を身につけるという観点からは欠かせないことです。
また、先ほどの話の通り、保育園や幼稚園で過ごす時間の方が多いという家庭もあるかと思います。
しかしながら、子供に一番身近な親の影響を考えるならば、時間の長い短いに関わらず、家庭での幼児教育を軽視はできません。